森林局の概要
  森林の有する公益的機能の維持増進と林業及び農山村地域の健全な発展を図るため、県から森林整備法人の認定を受け、企業団体の協力を得ながら、分収方式や管理受託などにより森林の整備を行い、森林及び林業の普及啓発などを行っています。
  また、林業労働力の育成確保を図るため、林業労働力確保支援センターの業務を実施しています。 

分収林事業

 森林の有する公益的機能の維持増進と農山村地域の健全な発展を図るため、県から県営林8,632haの森林管理を受託し、造林、保育及び保護管理を実施しています。

主な業務

 森林の有する公益的機能の維持増進と農山村地域の健全な発展を図るため、森林所有者のみでは管理することが困難な森林の造成や育林を分収方式により実施しています。

県営林受託事業

 森林の有する公益的機能の維持増進と農山村地域の健全な発展を図るため、森林所有者のみでは管理することが困難な森林の造成や育林、整備等を企業・団体が行う社会貢献活動と協力して実施しています。

森づくり支援事業

 公益的機能を有する森林の適正な管理に資するため、県や市町村等からの受託により、立木調査や獣害調査など調査業務を行っています。

森林調査事業
林業労働力確保
促進事業
 県から林業労働力確保支援センターの指定を受け、林業及び農山村地域の健全な発展に必要不可欠な林業労働力の確保、雇用管理の改善及び合理化を促進するため、新規就業者の支援、就業相談及び事業主等を対象としたセミナーの開催等、森林・林業の健全な発展に寄与するための業務を実施しています。
 森林科学館は、県民が森林及び林業について学習する機会を設けることにより、県民の森林及び林業の役割に関する理解を深め、もって林業の振興を図ることを未来的として、埼玉県が設置した施設です。現在、当公社が県から指定管理者の指定を受け、適切な管理運営に努めています。
森林科学館管理受託事業
 県民の森は、県民の森林に対する理解を深めるとともに、自然とのふれあいの中でその健康の増進を図ることを目的として、埼玉県が設置した施設です。現在、当農林公社が県から指定管理者の指定を受け適切な管理運営に努めています。
県民の森管理受託事業