企業・団体の森づくりに    あなたの会社・団体も参加してみませんか
汗をかきながらはじめての植栽作業(皆野町下日野沢・小川町腰越)
作業を終えてみんなで記念撮影(毛呂山町宿谷)
埼玉県農林公社が責任を持ってサポート

  森林は、清らかな水を蓄え、きれいな空気をつくりだすなど様々な働きを持っていますが、今日、林業採算性の悪化などにより、森林所有者の努力だけでは森林が守れなくなり、荒廃しつつあります。
  地球温暖化防止のための二酸化炭素吸収源としても注目されてきている森林を守り、健全に育てていくには、様々な恩恵をもたらしている、身近な森林の整備からはじめることが重要です。
  企業・団体の森づくりは会社・団体の資金提供等により、埼玉県農林公社が植林や下草刈り等の森林の整備や管理を行い、荒廃しつつある森林を健全で活力ある森林に甦らせて、次代に引き継いで行く取組です。
  企業・団体の皆様方のご参加を心からお待ちしています。
 また、県内で新たに森づくり活動を希望する、企業や団体の皆様の相談を受け、フィールドの紹介や企画の立案、技術指導など、活動のお手伝いをするために、埼玉県森づくりサポートセンターが設立され、当公社が事務局となりました。
 詳しくはサポートセンターのホームページをご覧ください。

企業・団体のメリット

社員研修で植林による森林保全への取り組み:皆野町下日野沢
高枝ノコギリによる枝落とし作業:小鹿野町日尾

  森づくりの方法や利用方法は多種多様です。
  森づくりや森林管理のプロである公社は、企業・団体の要望に応じた森づくりや利用方法を提供 して、
  企業・団体のイメージに合った森づくりを、責任を持ってサポートします。

森づくりの流れ
パンフレット(印刷用)
 
「始めませんか 企業・団体の森」
真夏の炎天下での下刈り作業(小川町腰越)

(5)森づくり、森林利用の実施
   公社が森林や施設の整備、管理を行います。(企業・団体の皆様による植樹等もできます。)
   また、企業・団体はレクリエーションの場等として森林を利用することができるようになります。

企業・団体の森づくりの仕組み

・交流への参加

・森林管理のための情報提供

・森林や林地の提供

・従業員の福利厚生として森林の利用

・植林、下草刈り等の労働力の提供

・森林整備の資金提供(分収契約※可)

森林所有者

農林公社

会社・団体

(4)森林づくり協定の締結
   企業・団体、森林所有者、公社の間で森林づくり協定を締結します。

(3)「森づくり実施プラン」の作成と企業の負担内容の明確化
  公社が植林等の森林整備、ベンチ等の施設整備や管理について、企業・団体の意見をもとに実施プランを作成します。
   また、企業・団体に提供していただく資金の額等について明確にします。

(2)箇所の選定
   森づくりの候補地を公社が紹介し、企業・団体に選定していただきます。

(1)森づくりの考えのとりまとめ
   公社が企業・団体の目的、イメージに合った森林の姿(生物の豊かな森、花や紅葉が美しい森等)を企業・団体の意見のもとにまとめます。

(5)山村との交流を行うことができます。
  森林への訪問を契機に、森林や木の文化を引き継いでいる、山村住民や森林所有者の方々との交流を行うことができます。

(4)記念行事の場として利用できます。
  企業・団体創立◯◯周年記念の記念植樹の場等として利用できます。

(3)従業員の方々の健康づくりや野外レクリエーションの場として利用できます。
 ・森林とのふれあいによる癒しや、森林浴、森林散策による健康づくりの場として利用できます。
 ・野草などの自然とのふれあいや森の中での遊びなど、家族で楽しめる場として利用できます。

(2)環境や社会への貢献に取り組んでいる姿勢をアピールできます。
 ・テレビや新聞などを利用して、環境や社会への貢献に取り組む姿勢PRをできます。
 ・森林内に企業・団体の名称や森林保全への取組の趣旨を掲げた看板を設置できます。

(1)環境保全や社会貢献の取組として行うこができます。
 ・人類の生存に不可欠な環境として認識が深まりつつある森林の保全に貢献できます。
 ・森林整備などを通じて山村住民の労働の場を確保するなどの山村振興等の社会貢献ができます。

・社会全体で森林を守ることのPR

・会社・団体の森林利用、地域との交流支援

・植林から間伐等の森林整備、管理

・会社・団体と森林所有者の仲介

間伐・枝打により生き生きとした森林
都市住民の参加による森林づくりの看板を
設置した森林
きれいな空気を吸いながら森林散策を楽しむ人々
大きな木に育つことへの期待をこめた記念植樹
都市と山村の交流イベント(ふれあいの森:秩父市中津川)