七つの森のゾーン 彩の国ふれあいの森 
2017年4月1日 



原生の森  拠点施設から約6km 区域面積500ha

大山沢(おおやまざわ)渓流沿いに、イヌブナやシオジなどの原生林が見られます。また、尾根沿いには、コメツガ・ウラジロモミなどの針葉樹類が出現し、原生状態で保全されたいます。特に上流部にかけてはシオジ、カツラの大きな木を見ることができます。この沢沿いのシオジ林は、県内に残された数少ないものの一つで、その巨木からなる美林は国内でも類をみない貴重な地区となっています。
森林管理道終点の休憩所からは中級者向けの遊歩道があります。

見どころ・・・復元された鉄砲堰(木材を水の力で運び出す、昔の林業技術:原生の森入口より徒歩約45分)
       シオジの群生地(原生の森入口より徒歩約2時間45分
       白糸の滝(原生の森入口より徒歩約2時間)

※森林管理道大山沢線は、一般車輌進入禁止。
       

学習の森  拠点施設から約1km 区域面積580ha

イヌブナやシオジなどの原生林が見られ、大若沢(おおわかさわ)渓流の美しさが特徴的です。また、4月中旬からアカヤシオが、5月上旬からアズマシャクナゲが開花してこの森を美しく彩ります。
学習の森駐車場から初中級者向けの遊歩道とたつまの吊り橋からは中級者向けの周回遊歩道があります。

見どころ・・・シャクナゲ、アカヤシオ(学習の森駐車場より徒歩約1時間10分)
       ミズナラの巨木(たつまの吊り橋より徒歩約25分)
       勘兵衛の滝(学習の森駐車場より徒歩約15分)
       不動滝(同駐車場より徒歩約20分)
       山の神(同駐車場より徒歩約30分)
       
水穴の滝・魚止めの滝(同駐車場より徒歩約1時間)


 
         

くらしの森 拠点施設周辺 区域面積290ha

拠点地区の正面に広がる森で、古くから地元の方々に活用され、生活のにおいが感じられます。炭焼き窯が設置されており、自然散策などの森林そのものの利用のほか、地元中津川地域のくらしに根ざした生活文化の交流ができます。
森林科学館から初中級者向けの周回遊歩道があります。

見どころ・・・埼玉県森林科学館・こまどり荘・奥秩父源流中津川渓流釣り場
       新緑(4月下旬〜5月上旬)
       紅葉(10月下旬〜11月上旬)
       天然湧水中津川龍神水(森林科学館より徒歩約10分)
       滑沢の氷(ふれあい橋近く:1月下旬〜2月初旬)

            

野鳥の森  拠点施設から3km 区域面積140ha

人工林、広葉樹二次林、イヌブナ・シオジなどの天然林がモザイク状に分布しており、野生の鳥獣が豊かな中津川地域の中でも、野鳥の種類、生息数ともに豊富な相原沢流域の森林で、四季折々の野鳥を観察することができます。この森には、野鳥観察小屋が設置されています。
野鳥の入口(相原橋バス停)から中上級者向けの遊歩道があります。

ふれあいの森で観察される鳥
 〈春〉アオバト、ホオジロ、イカル、ウソ、ツツドリ、ホトトギス、ジュウイチ、アオゲラ、アカゲラ、オオアカゲラ、イワツバメ、ヒヨドリ、カケス、コゲラ、ミソサザイ

 〈夏〉コノハズク、オオルリ、コマドリ、コルリ、アオバズク、ヨタカ、ヤマセミ、マミジロ、トラツグミ、アカハラ、ヤブサメ、ウグイス、エゾムシクイ、センダイムシクイ

 〈秋・冬〉ルリビタキ、コガラ、ヤマガラ、マヒワ、ヤマドリ、セグロセキレイ、カワガラス、カヤクグリ、キクイタダキ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ

見どころ・・・ヤシオツツジ
       持桶女郎紅葉(県道210号線沿い)
       出合の氷壁(県道210号線沿い:1月下旬〜2月上旬)
            

体験の森  拠点施設から2km 区域面積140ha

スギ、ヒノキなどの人工林とミズナラなどの二次林で構成されている森で、多くの人々の手により育まれてきた森と人との関わりを肌で感じることができます。この森には、南天山(なんてんざん:標高1,483m)まで遊歩道が整備されており、登山などにも利用されています。

見どころ・・・方円(法印)の滝(鎌倉橋より徒歩約45分)
       南天山(頂上からのパノラマ眺望:鎌倉橋より徒歩約2時間30分)

          

鉱山の森  拠点施設から8km 区域面積250ha

小倉沢沿いの森林管理道金山志賀坂線から両神山を含む一帯の森林で、江戸時代中期から鉱山として利用されていたため、鉱山との関わりを見ることができます。また、この森には両神山の中津川側の登山口があります。

見どころ・・・ヤシオツツジ
       両神山
       鉱山風景

            

生産の森  拠点施設から7km 区域面積550ha

スギやヒノキなどの木材を生産するために森林施業をおこなっている森で、程良く手入れされた人工林の美しさを見ることができます。また、この森は、山吹谷と向山の2地区に分かれています。

見どころ・・・ヤシオツツジ
       宗四郎山
       ゆり岩
       山吹の滝