back

 ○第一歩 <その3 行動の把握>   

★1/10
  24時まで探してみたが 受信できなかった。 動いていない事実を確認するために 実施した。

★1/22
  24時まで探してみたが 受信できなかった。 12月ごろから 極端に猫の姿を見かけなくなった。

★1/31
  24時まで探してみたが 受信できなかった。 人間が活動する場所以外は 雪が残っているため 寒いだろうな。 出てくるわけないか。

★2/ 8
  24時まで探してみたが 受信できなかった。 

★2/19
  24時まで探してみたが 受信できなかった。 

★3/ 1
  25時まで探してみたが 受信できなかった。 

★3/11
  26時まで探してみたが 金太 ななは受信できなかった。 放獣直後のつぶは ご近所の小屋の中。

★3/22
  19時30分 ななを発見。 【あ】付近から発信音を確認。 その後 経過を見たが 受信できず。 金太 つぶ 発見できず。 25時打ち切り。 暖かくなってきたので ようやく動き出した様子。 最近2頭のハクビシンが 車にはねられた。

★3/29
  26時まで探してみたが 何故かいない。 そんなはずはないのだが。

★4/ 9
  山の中からかすかに聞こえる 金太の発信音。 夜中なので山中に入ることはできない。 日中に寝屋を捜索することにする。

★4/16
  ななが下水管の中にいた。 マンホールの蓋の延長線上を歩くと 発信音が聞こえる。 下水管の中を行ったり来たりしている。 冬の間も中にいたのだろうか。 都市地域でも生きていけることが示唆される。

★4/26
  ななが 住宅街の雨水が流れる下水と側溝の中をウロウロしていた。

★5/ 7
  ななが 住宅街の雨水が流れる下水と側溝の中をウロウロしていた。

★5/17
  ななを間近で目撃! 首にはオレンジ色の発信器がはっきりと見て取れた。 ななは 市場の中と 住宅街の雨水が流れる下水と側溝の中をウロウロしていた。 金太も半年ぶりに 昨年最も活動していたところで 確認した。

★5/27
  ななは川筋 市場の中の側溝 草むらの中をうろうろ。 つぶは住宅街にある空き地や草むらを行ったり来たりで 直線距離で150mほどの範囲しか動いていない。 金太は 発信器を付けて 1年。 電池が消耗してきたのか 近くにいると思われるが 発信音が弱く 電波をキャッチできない。

★6/ 7
  ななはいつもの川筋をうろうろして 住宅街の中にある桑の実を食餌しているところを 目撃! 金太が ななの行動範囲に入ってきた。 こんなことは初めて。 一緒にいると思われるほど 急接近!

★6/17
  ななはいつもの市場や住宅街の中をウロウロ。金太はいつもの試験地周辺。

★6/28
  ななはいつもの市場周辺をウロウロ。金太は電波の入りが悪い。 そろそろ寿命かな。

★7/ 8
  ななは市場周辺や住宅街の中をウロウロ。 ひろは思ったより行動範囲が広い。 試験地周辺や寺周辺を動き回った。

★7/16
  ななは市場周辺をウロウロ。 ひろとたくは 試験地周辺や寺周辺を動き回り 行動域がだぶっている。

★7/30
  たくは寺周辺を行ったり来たり。 ひろとななは 行動域がだぶり気味。


★12/6
  なな ひろ もんたはほとんど動かず。 たくは相変わらず動き回っている。 3/4頭が動かない。 寒くなっってきたの原因なのか。

★12/20
  なな はほとんど動かず。 たくは倉庫から寺の庫裏に移動しただけ。 ひろ もんたは動いていないようで 見つからなかった。 4頭とも極端に動かなくなったようだ。